おとうふメンタル日記

23歳女 数か月で2社退職済み 現在派遣社員 HSP気質 ネイリストになります

HSPって生きづらいですよね

 

突然ですが、私はHSPです。

Highly Sensitive Person、

直訳すると「とても敏感な人」。

 


私がこの概念と出会ったのは去年の6月ごろ、

大学を卒業し入社3ヶ月目、

ちょうど適応障害で休職し始めた頃でした。

 


職場環境が悪いわけではないのに

なぜ私は毎日こんなにもしんどくて、


しかも自分自身の事なのにそれに気付けず

なぜ精神を病んでしまったのだろうと

 


ベッドの中でスマホを見ていて

偶然たどり着いたのだと思います。

 

 

 

すぐに

「私、絶対HSPだ」

と確信しました。

 

 

 

昔から、

なんか人と違う


日常生活に支障はないけど、

なぜか常に疲れている


でもそんなことを考える自分が

甘いだけだ、みんな同じ

 

 

と思っていましたが、

どうやらそれはHSP気質のせいだったようです。

 

 

 

その後ネットや本でHSPについて勉強したので、


今ある自分の知識や

あくまで自分の経験を元にですが

今回記事を書きます。

 

*******************

 

まず始めに、


HSPというのは
病気や障害ではありません


気質なので、いわば性格やタイプの問題です。

 

逆にいうと、

HSP気質を変えよう、治そう

と思ってもそれはほぼ不可能ということです。

 

 

HSPの人はその特性から、

生きづらい面もありますが、


一見短所であるそれらを裏返してみると

 

とても人間味が強く、

素直でステキな性質だなとも

 

私は感じます。

 


しかし実際、

生きづらいな、しんどいな、

と私自身感じることが多いのは事実です。

 

 


HSP気質を持つ人は5人に1人の割合だそうで、

(思っていたより仲間がいる...)

 


一般に以下のような特徴があると言われています。


例えば、

 

  • 心の境界線が薄い
  • 疲れやすい
  • 五感や感情、雰囲気などの刺激に敏感
  • 人の影響を受けやすい
  • 自己否定が強い
  • 直感力がある

 


などです。

(もちろん、個人差は大いにあります。)

 


私含め、彼らは世間的にはよく

真面目で良い子」として

認識されがちなのではと思います。

 


なぜなら、HSPの人は

(非HSPの人達に比べて)

人に迷惑をかけないからです。


(※人に迷惑をかけるのが良い悪いというのは

ここでは全く問題としていません。)


人に迷惑をかけることを何よりも恐れ、避けて生きているHSPの人は多いのではと思います。

 


その場、その人、相手が

何を考えているか

どうしてほしいか、

どうすればいいか

それを無意識にわかってしまうため、

わかってしまう以上、

それに従います。

 


ですが

結果的に自分を押し殺して

周囲に気を使い、

逆に自分の感情や意志には鈍感になり、

ついつい気づかぬうちに

無理をしすぎてしまうのです。

 


単なる気配り上手な頑張り屋、

を通り越してしまいます。

 

 

 

また、そのように

周囲の期待に応えたり

評価されたり好かれたりすることも

多いので、それ自体は嬉しいのですが


同時に自分のことを

「本当はもっとダメダメなのに...」

と大真面目に考えているので、


周囲から思われている自分と

本来の自分とのギャップにも

モヤモヤしてしまいます。

 


常に他人軸というか、

そもそも本当の自分というのが

わからないのです。

 

 

 

今思うと私自身、

HSPだからだったのかと

納得することは沢山あります。


私の場合、

 

  • 親や友達、周りから「真面目すぎる」「責任感が強すぎる」と言われる
  • 涙もろい
  • 好きな音楽や映画に深く感動する
  • 常に憂鬱、すぐに病む
  • 常に他人にどう思われるかを気にする
  • あらゆる可能性パターンをいくつも想定しながら行動する
  • ゆえに、予想外の事態が起きるとパニックになる
  • 自己肯定感が皆無
  • 完璧主義、0か100かの思考
  • 他人の怒りやイライラ、恥ずかしいなどの感情が苦手
  • 冗談が言えない、ついていけない
  • 雑談が苦手
  • 深い話ならいくらでも話せる(哲学や心理学)
  • 大勢での食事や飲み会が苦手
  • 外と家とのオンオフが激しい


...などなど。

 


HSPという気質にプラスして、

その他の自分の性格や考え方なども相まって

 

私は早々に会社についていけなくなり

精神的に壊れてしまったのだと思います。

 


普通の人なら

気にならないことや、

気づかないことにまで

超敏感に反応してしまうし、

(HSPを知るまではその自覚もなかった)

 

会社という環境で自分を押し殺し続け、

24時間常に緊張状態の生活は

本当に生きた心地がしなかったです。

 

最初の不調は、まず睡眠が取れなくなりました。

実際に会社に行けなくなった時については

こちらをご覧ください。

 

実際、会社・オフィスというのは

HSPにとって決して快適な環境ではないと

さまざまなところで

書かれているのも読みました。

 


そりゃそうだ。

 


まず、デスクでは毎日毎日友達でもない大勢の人たちに囲まれていなければならない。

(それは慣れの問題ではありません。)

 

それに伴い、周囲から聞こえてくる様々な雑音や会話全てに反応してしまうので疲れる。

 

ましてや人間関係を円滑に保つために常に笑顔でコミュニケーションにも気を配る。

 

新人なので電話はとりますが、

分からないことが多いだけでなく

予想外のことを言われ、パニックに。

 

分からないことがあっても忙しそうな先輩の顔色や

気持ちを想像するとなかなか聞けない。

 

手のかかるやつと思われたらその後の評価や

印象にも関わる、などとソワソワしてしまう。

 

 

 

あれ、段々HSPあるあるじゃなくて

新人あるあるになってる...?笑

 


まぁそれはいいとして、

とにかくHSPにとっては

あらゆるものが刺激となってしまうのです。

 

それだけならまだいいのですが、

何かも、全て考えすぎてしまいます。

 

 


また、冒頭でも触れましたが

直感力がある

というのもHSPの特徴のようです。


私の場合、決して良いことではないと思いますが

会ったばかりの人を即座に無意識に

 

「この人はこういうタイプだ」と

 

タイプ分けし、その後の付き合い方を

その人そのタイプごとに

何となく変えてしまいます。

 


これはそういえば昔からやってるなぁって感じです。

 


相手のタイプごとに微妙に

自分を演じ分けているので

それぞれの個々の人付き合いは

円滑に楽しくできるし、

あまり嫌われることもありません。


ですが、それゆえに

大勢で集まると自分がどういうキャラでいればいいか

わからなくなってしまうというのはあります。


まぁつまり、

相手にどう見られるかを意識しすぎている証拠です。

 

 

また、同じようにツイッターなどでも、

 

ツイートやリプライ

(人との接し方、気の遣い方)などから

 

この人はきっとこういう人なんだろうな、と

 

無意識にタイプ分けしてしまっています。

(ごめんなさい)


その"タイプ分け"の正確さに

もちろん信憑性はありません。

実際に会っているわけではなくネットなので尚更。

 

 

ですが、逆に

 

「あ、この人自分と似てるかも」

「多分私と似た考え方なんだろうな」

 

っていうのにもめちゃくちゃ敏感に反応します。

それは良い点かなとは思います。

 


反対に、

仕事辞めたい、辛い、

と沢山しんどそうなことを呟いている人がいても、

 

「この人は私の辛さとは違うから分かり合えないな」

「多分この人はHSPではないな」

 

と思うことも沢山あります。

もちろんあくまで自己判断ですが。

 

********************


どうまとめれば良いか分からなくなりましたが...

 


とにかくHSPの人は

本っっっ当に考えすぎてしまうのです。


5人に1人が該当するということは、

無理をしながら日々働いたり生活をしてる人は本当に沢山いるのではないかと思います。


ある動画では、

うつ病の人はHSPの人が多い

という事まで話していました。


うつ病の人は気配りができ、優しく、

結果的に自己犠牲的になってしまう...

 

 

真面目な人が損をするとはまさにこの事か、

と感じざるを得ません。

 


私も自分の真面目さを長所だなんて思えないですし、

小さいことをクヨクヨ気にせず、

もっとチャランポランに適当に生きられたら

どんなに良いかと日々思っています。

 

 


ですが、冒頭でも話した通り

HSPは気質であり、

生まれ持った自分自身の性質です。


変えることはできません。

 

 

HSPである自分自身を丸ごと認め、

人と同じように生きることを諦め、


自分に合った生き方を

躊躇なく選んでいきたいなと、

今は思っています。


(人と比べないことが今後の私の大きな課題です。)

 

今後も、同じHSPの方々と何か共感し合えたらとても嬉しいですし、


HSPでない方には気を遣えと言うつもりもさらさらないので、

こういう人が一定数いるという事実を知って頂き、

へぇーと思ってもらえれば幸いです。